前衛でもそう、スマッシュレシーブでもそう。どんなショットでも、そこにラケットを置いておけば必ずシャトルは跳ね返る。




にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




ラケットをコースに置いておく技術、振って飛ばすのではなくまずは当てるところから、というのは前にも話題を上げた、はず。

つまりは、どんな世界レベルのショットを打てたとしても、小学生でもそこにラケットを置いておけばシャトルは跳ね返る。

そしてゲームで必要なのは、「相手にラケットを置いておかせない技術」だ。タッチスピードを上げたり、フェイントを入れたり、相手のラケットが間に合わないようなプレーができればそれが可能になる。






そういったプレーの中に、集中力を切る方法が存在する。簡単に言うなら、相手が気を抜いた瞬間にシャトルを打つ事ができれば、相手は一歩目が遅れる事になる。うまくいけば、なんてことは無いショットでエースが取れる。

では、どうすれば相手は気を抜いてくれるのか。これが簡単にはいかないわけだが、打点を落としてカットしてみたり、ヘアピンで打点を落としてクロスへ打ってみたり、ようは、「ここで打つぞ」を見せておいて、そこで打たずに羽根を落下させてから違うコースへ打つと、「ここで打つぞ」のポイントからずれた瞬間に気が一瞬抜ける場合がある。そこを意識的に付ければ、うまくいけばエース、悪くても有利なラリーが進められる。


相手の状況を把握して、有利に立てるようなショットを心がけてみよう。