あんまりたいした話ではない。たぬ吉の調子の良し悪しはフットワークでもスマッシュスピードでも無く、前衛でいかに羽根を止められるかで判断できる。







3次元で考えてみれば、スマッシュでもドライブでも、アタックロブでもネットのすぐ上を通過するわけだから、そのポイントにラケットを置いておけば必ずシャトルは止まる。ただ、止める為にはコースを読まなければならない。見てからではおそらく間に合わない。

「この辺」

をどの時間で、どれだけの大きさで読めるかどうかで前衛ストップできるかどうかが決まる。時間的なタイミングが遅ければ抜けてしまう。範囲が広すぎては微調整でも届かない。早いタイミングで、狭い範囲で読むことができれば、前衛ストップできる。

さらには止めた後の次のショットにいかにつなげられるかも判断の一つ。止めた後、次のコースへ瞬間的に判断して移動できれば相当調子がいい。逆に止めた後に足が止まって相手を見ている時間が長ければ、気持ちが入っていないか調子が相当悪いか、いい結果にはならない。
ネット付近へ突っ込んで次のショットの為に一歩下がれない時はどうしようもないとき。こればっかりは、考えても足が動かない時がよくある。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




調子は結果を大きく左右する。ベストとはいはないが、シニアでは良い状態で試合がしたいものだ。