なんとなく、今日の練習で感じた事。

ハーフからの明らかにスマッシュチャンスな場面でのドリブンクリアは、対空時間(相手のラケットに届くまでの時間)が短く、簡単にスマッシュを打つよりも有効になる場合が存在する。






ハーフからなので、相手への距離も短く、スマッシュを意識できる場面ならラケットを下に構えている為ワンテンポ遅れる。ハーフあたりからちょっと球足が伸びてしまいそうな高さの打点からなら、もしかするとスマッシュよりも積極的に狙っていってもいいのかもしれない。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ