例えば、、、

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


・シングルスでショートサービスを出す、ドライブサーブを打つ

・ドライブで攻める

・ドリブンクリアを打つ


これだけではないが、これらのショットに共通するのは、ラリーのペースやテンポが一気に上がる事だ。
いわば攻撃の起点、せめぎ合いのスタートとも言えるだろう。特にシングルスではラリーがスローな場合が多く、これらのショットから急激に流れ始める。

いろんな選手に見受けられるのが、ショートサービスの打ちっぱなし、ドリブンクリアの打ちっぱなし、等で、自分からラリーのペースアップをしかけてているのにも関わらず、次のプレーがロングハイサービスやハイクリアを打った後のプレーとほとんど変わらなかったりする。






勝負をせっかく仕掛けているのに、ペースを上げているのに、自分が自分で作った波に飲み込まれておぼれてしまっていてはもったいない。もしこれができないのであれば、自分でペースをあげるべきではないし、その方が試合でも点数が取れるはずだ。

自分が何をしたくて何を打ったのか、自分で打つショットなのだから、打つ前に打った後の準備ができるように心がけてほしい。