ショットに得手不得手はあると思う。

ほとんどは、内側へのショットは得意だが、逆は苦手な場合が多いだろう。




内側とは、体の内側、右利きなら左側へのショット。だいたい、ラケットを振り回せば多少なりともそっちへ飛んでいくものだ。初心者同士のゲームでフォアの殴り合いになるのはこのためである。



外側へのショットは、体の軸からショットが外で行われるので、目線がずれ難易度が若干高い。さらに、ショット後は体がショットから遠くなり、次の相手からのストレートが距離が遠くなる。コントロールはしっかりとしなければ、外側のショットは諸刃の剣となってしまう。
ただ、相手にも予測しずらく、時間がかかるようなショットの使い方をすれば距離の遠さはそんなに気にならなくなることも可能だ。

外側のショットで代表的なものはリバースカットだ。この間の全日本総合で、女子シングルス準決勝、奥原希望選手が多用していた、あのリバースカットである。相手の出足を止めるのに非常に効果的で、彼女のボディバランスの良さによりデメリットも消えていた。距離のデメリットよりも相手を止めるメリットの方が大きかった。
ヘアピンやドライブ等でも、打点を遅らせることにより外へのショットは打つ事が出来る。これにより、フォアで入ってもクロスとストレート、逆サイドへの打ち分けが可能で相手にコースを読ませないことができる。


苦手なショットを得意にする練習は非常に骨が折れるものであるが、今の時代球種は非常に大事なものだ。ダルビッシュではないが様々な引き出しを備えるに越したことは無い。