真上に上がってきたシャトルに対してどうタイミングを取ることができるか。

足に体重をかけながら大きく振る選手、細かくステップしながら床を蹴りだすタイミングを計る選手、このように、次に打つ羽根に対して落ちてくるまでに準備をしようとする選手はある程度動ける選手と考えていい。



真上にシャトルがきているから動く必要は無く、のっそりと構えて打とうとする選手は、基本的に動けない選手だ。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




この動けない選手の思考としては、おそらくではあるがサボっているという考えはほぼ無いかもしれない。近くに羽根が来ているから落ちてくるまでは何もできない、きっとこう考えているのだと思われる。

この考え方は改めなければならない。シャトルは体重移動で打つものであって腕を振って打つものではない(実際には腕も振るのだけど・・・)。この体重移動の準備を落ちてくるまでにしなければいけないのだが、それをやる術をしらないのだろう。









無駄に足を動かす事をしていかなければならない。そういうフットワークやステップを覚え込ませて試合に使えるようにしていかなければならない。それがだんだん無駄では無くなり、自然になり、より強いショットが効率よく打てるようになるはずだ。