スピンネットと感覚は若干似ているが全く違う。







大きく振りかぶり、相手にはロブを見せる。その体勢からラケットを縦に向けてカットをかける。
相手にとっては、後方へのロブ、しかも振りぬくためシャトルが飛ぶ方向も逆になる。

右利きでフォアなら、左にラケットを大きく振りぬいているのに、シャトルは右側ネット前に落ちる。


これを使いこなせる人は、実は今までのバドミントン人生の中で一人しかみたことがない。何度練習しても感覚の壁に跳ね返されている。モチベーションアップの為にも再度挑戦しようと思っているが、果たして結果やいかに。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



その感覚とは、ずばりカットの角度だ。切りすぎてはネットを越えないしフレームショットになってしまう。厚く当ててしまうとハーフ付近に相手のチャンスボールとして上がってしまう。シャトルの飛行角度とラケット面の角度、この2点がうまくあえば居合切りのようにスパッと切れてくれるのだが、試合で使えた事は、、、、無い。

軽いカットでも試合では充分通用するが、だからといってできることだけやっていては面白くない。シングルスで相手を真逆の方向へひっかけるフェイント、これを目指して、試合で成功させるぐらいの確率までもっていけたら、と思っている。結構真剣に。

バックハンド、フォアハンド、共に使いこなせれば、シングルスでは特に大きな武器になるはずだ。