バドミントン始めたばっかりだといろいろ難しいですが、簡単なチェック項目を。







・肘の曲げ伸ばしで羽根を打ってしまっていないか

・ラケットヘッドがスイング方向へ動いているか

・半身で動く事が出来ているか、シャトルをとらえられているか

・体から遠い場所でシャトルをとらえる事ができているか

・踏み込む足はかかとから付く事ができているか



にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




初心者、ジュニア選手という事だと、だいたいこんなところでしょうか。
あえてグリップはいれませんでした。ラケットヘッドが動いているならそんなにひどいウエスタングリップにはなっていないはずなので。イースタングリップでヘッドが動いていないよりは、ウエスタン気味でもラケットヘッドを上手に使えている方がまだマシな気がしてなりません。



意外に多いのが、動けない選手、バランスが悪い選手はかかとから踏み込めない場合が多いです。足を、まるで熱いお湯に入るときのように踏み込む選手。足は出せても体がそこまでいかないので打ちに行けません。





初心者は大事に育てたいものですが、覚えなければいけないこともあったりといろいろ大変ですね。