できないはできない。


できないからできない。





できないものを指導はしていても、あまりにもできないとだんだんとイライラしてしまう。ちょっと教えただけで「できない」が「できた」になるならみんなオリンピック選手だ。俺はどれだけ名指導者なんだろう、と。

それを理解はしているのだけれど、いざ選手に対するとなかなかそうもいかず、練習後、少し気が沈む。

選手の為を考えて、本当はできないところはできるまで時間かけて練習しなければいけないのに、ついつい怒ってしまったり、メニューを変えてみたり。






選手の為の練習時間を選手の為の技術向上にトコトン時間と体と頭を使わなければ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ