ダブルスの前衛で、相手からはドライブ気味の速いシャトル。




プッシュするには少し低くてエンドアウトしてしまう。ヘアピンには高すぎていけない。とりあえず相手のボディに抜いたシャトルでも出して次で勝負かな、という場面で、シャトルをネット前に落とすという選択をするというもの。





ただ単に落とすだけだと、相手からの返球が速いこともあり球足が伸びてしまい、そうなると簡単にロブを打たれてしまう。ここではできるだけネット際にシャトルを落としたい。その為に、立てたラケットを横へスライドして、ワイパー気味にシャトルを捕えてみる。うまくスピンがかかれば、シャトルは失速して普通に当てた時よりも手前に落下する。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



このショットが使いこなせると、厳しい返球でも、前述したボディへのプッシュとストップで2択をかけることができる。相手の動きを見ながら使い分けられれば相当使い勝手はよくなるはず。

スライドさせる方向で若干コースが変わるので、サイドやセンターに意識的にコントロールしていきたい。