方向を変えるのは思ったよりも難しい。


一番最初に、上からのシャトルを正面に打てないのはこれが原因。
シャトルを押し上げるように上にふわっと打ってしまう。これを打ちたい角度にラケットを振らせる為には、反復練習や止まっている羽根を打たせたりと、地道に修正していくしかない。


次に引っ掛かるのは、体の外側への返球。フォアで打つと右利き同士なら高確率でフォアの殴り合いになるのはこの為である。打点を変えて方向を修正する事は相手の目線を切るという意味でも重要だが、難易度は意外に高い。


これがヘアピンになると話が変わる。ヘアピンは基本的に下から上に迎えに行ってしまうので、ストレートよりもクロスが難しい。真っ直ぐの羽根に合わせて面を変えるのに手間取る事が多い。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ





最後に盲点なのが、ドライブ系の顔付近の高さに来たシャトルをオーバーハンドで高さを上に打ち返すショットだ。シングルスもそうだが、ダブルスでも相手をひっかける事ができ、意外に有効なショットではあるが、速いショットに対して行うので、おそらく方向を変えるという意味ではこれが一番難しいかもしれない。




難しいものにもどんどん挑戦して、いろんなコースへ打ち返せるようにしていけるとゲームの内容がだんだん濃くなってくるだろう。