バドミントンでヘアピンというと、髪止めのヘアピンの形状からきているらしいが、今の流行りは「ネット」というのだろうか。






相手にヘアピンを打たせない為には、まず相手がどんなときにヘアピンを打ってくるかを考えなければならない。

こちらからのショットが、

・ヘアピン
・ドロップ、カット

この2つの時にヘアピンのチャンスが生まれてしまう。
なので、まず、この二つを使わなければ相手からヘアピンはこない事になる。

この考え方はたぬ吉の中では結構重要で、将棋で言うなら、数手前がこう打っていればこうならなかった、というのを経験としてためていって、やられてしまうプレーに結び付かないようにしていく。一つのプレーが問題ではない場合がバドミントンには多いからだ。


では話を戻して・・・



この二つのプレーを混ぜたうえでヘアピンを打たせない為にはどうすればいいだろうか。
相手がヘアピンを打てないもう一つの要素として、「プレッシャー」がある。

ヘアピンを打とうとした時に相手が目の前にいたらどうだろうか。甘いヘアピンではプッシュを打たれる。それどころかレベルが上がれば、相手からヘアピンが来るとわかっているならネットインのヘアピンでもプッシュを打つ事だってできる。

つまり、前衛がその状況を作れば相手はヘアピンを打てなくなる。




結論として、

「ドロップやカット、ヘアピンを打った時に、前衛はネット前に詰めれば、相手はヘアピンを打てない」

と、なる。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


このプレーで注意するべき点は、ヘアピン以外のショットが来た時は全て後衛がフォローするということだ。ネット近くのプレーなわけだから、相手が攻めることができるショットはヘアピンのみ、他に選択できるショットはロブのみなので、これに関しては特に問題は無い。

じゃあロブが来た場合は?といえば、また前衛はすぐにセンターに戻らなければいけない。ということは、後衛がドロップ、相手がロブを繰り返した場合は、前衛はその度にネット前、センター、ネット前と、かなり忙しく動かなければならない。

後衛がドロップを打った瞬間から、相手が打とうとするまでに前に詰めなければいけないわけだから、相当忙しく詰めなければならない。次のロブに対しても、相手がロブを打った事を確認してからパートナーが羽根を打つまでに戻らなければならないので、ここもスピードを上げなければならない。





もしかすると、前衛で最もきついプレーなのかもしれない。