マラソンのオリンピック選考はなんだかとても面白いものになっているようです。


東京マラソンの日本人トップは藤原新選手。無職。
びわ湖毎日マラソンの日本人トップは山本亮選手。一般参加。
福岡国際マラソンの日本人トップは川内優輝。公務員。


タイム的に川内選手は厳しいという見方もあるようですが、実業団できっちりと練習を積んできた選手がことごとく敗れ去るマラソン男子。「マラソンだから走ればいい」という単純なものではないでしょうが、だったらしっかり練習できるはずの実業団選手が何故一般参加選手に負けてしまうのか。





守られている実業団選手と、やるしかない一般参加選手。決して怠けているとは言わないが、ちょっとした気持ちの差がこの結果を生んでいるような気がしてならない。簡単に言えば、ハングリー精神。実業団の上位ランカーと、一般参加の本気組、一般参加が上回っているのはほんの僅かな気持ち、覚悟、といったところではないだろうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



中、高時代から結果を出して、そのまま導かれるように大学、実業団入り。そこでも同じように練習環境が準備されているとなれば、技術を磨くにはもってこいだ。ただ、そこで磨かれる技術は本当に世界に通用するはずの技術なのだろうか。世界で戦う為に必要なのは、技術だけではなく、気持ち、覚悟が無ければ戦えないのではないだろうか。

実業団選手、学生選手がこれらを全員が持っていない、とは言わない。けれど、持っている選手は、本当に僅かなのではないだろうか。その僅かな選手が世界と戦っていける選手ではあるが、競技に身を置くのであれば、やはり強い気持ちを持って取り組んでほしいのは、一競技ファンとしての願いである。そういう姿勢がファンを生み、ジュニア世代を育てる事に繋がるはずだ。