ブログコメント頂きました。

1. Posted by 関   2012年03月11日 17:34

僕は中1の頃からバドミントンを初めて今高一です。それで僕の長所はレシーブ力だと思っています。けど上のレベルに行くと中々返せなくなって長所が消され てしまいます。レシーブ力を上げるためには、筋トレをした方がいいでしょうか?またするならどんな筋トレがいいでしょうか?プロテインとかも飲んだ方がい いのでしょうか?


まず結論です。





筋トレはした方がいいのは間違いありませんが、レシーブ力に直結するものではありません。

まず、レシーブに必要な筋力は、バックハンドであれば回外、フォアハンドであれば回内を使ってラケットを振る動作です。スイングがある程度正しくできているならば、そのスイングスピードを上げるのに筋力トレーニングは有効であるともいえます。

ただし、レシーブに必要な筋力といっても、その筋力を付けるには数カ月から年単位の作業になるので、レシーブ力を上げる為に筋力トレーニングをするというよりは、バドミントンの総合的なトレーニングとして行った方が効率的でしょう。

ではレシーブ(スマッシュレシーブとして話を進めます)するのに何が有効かと言えば、

・タイミング
・読み

この2点になります。

もっとも重要なのがタイミングです。
スマッシュレシーブのミスは、ほぼ「振り遅れ」です。タイミングがずれてしまい、打ちたい場所から自分の体側に打点がくると、ラケットのスイングスピードが遅い時にインパクトしてしまう為有効的に返すことができません。
レシーブを楽に飛ばす為には、ラケットスピードが速くなった時にインパクトさせなければならないので、インパクトポイントのずれがそれを邪魔してしまいます。相手のショットに、いかにスイングを合わせる事ができるかでレシーブがしっかりできるかどうか大きく変わってきます。

次に読み。
タイミングにもつながるのですが、体の右側か左側か、もしくは正面か、スピードは速いのか遅いのか、それに合わせてラケットを振ってタイミングを合わせるわけですが、全部を想定してしまってはおそらくどれも間に合わなくなる場合もでてきます。相手のスマッシュがどこに飛んでくるか、相手のフォームや打ち方を見ながらある程度予測し、その予測に合わせてラケットを置いておきます。読みが合えば、そのままラケットを押すだけでレシーブすることができますし、逆に読みが大きく外れればラケットをそのポイントまで移動させなければならず、その移動時間がかかればかかるほど振り遅れる可能性が大きくなってしまいます。
読みが合えば振り遅れる事が少なくなってきます。


補足として、シングルスのスマッシュレシーブであれば、フットワークが必須なので足の筋力や移動スピードを上げる事が必要です。ダブルスであれば、テンポがあがるので小さいスイングでラケットスピードを上げる技術がより大切になってきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


プレーを見る事ができないので合っているかわかりませんが、ご参考になれば幸いです。何かありましたら、またコメント頂けると嬉しいです。