サイドバイサイドの時、

「肘」

どこにありますか?




実は思いついて画像を検索してみたのですがいい写真がみつからず、そうでない写真も多くて困惑中です。

たぬ吉としては、肘は体の前に置いておくべきだと考えています。




この時、体の前というのは、肩のラインよりも前だと考えてください。そうすることによって肘が自由に横へ移動することができ、速いショットの横への対応が容易になります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ただ、サイドバイサイドの時と書いたのですが、シングルスだろうとダブルスだろうと、ラケットを下げて構える場合は全て肘は体の前の方がいいのではないかと思うのです。肘を支点にラギングバックが容易になり、振り遅れも減り、より強い羽根が出せるような。。。




引く反動でラケットを強く振る。その為の肘の位置になってきます。ラケットがスムーズに動く肘の位置を探してみてください。