私がいつも言う言葉に、

「練習しました、強くなりました、という事は無い」

というのがあります。新しい練習をしたからといってそれによっては強くなる事はほぼありません。
新しい技術練習をしたからといって、その技術を習得するには相当先の話で、ゲームで使いこなせるようになるには何度も反復練習をして体に覚え込ませなければならないのです。





でも、指導者は、

「成長は曲線を描く」

という事を忘れてはいけません。強くならないから練習方法を変える。正しいように見えますが、計画段階からのずれを考えるなら大きな間違い。選手には、目に見えて強くなってなかったとしても、そこには見えなくとも蓄積されている技術、技量、体力があって、それが何かのタイミングで一気に上に噴き出すものです。その噴き出す事を待つのも、それを選手に待たせるのも指導者の仕事。

日々の反復練習に「間違いない」という信念の元、曲げずにやっていくことも指導者としては必要な事だと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ





もちろん、新しい情報、練習、技術を仕入れるのはまた別の話ですがw