ちょっと前に書いた、「空振りするな」というアドバイスにも直結する可能性がある。

ネット前のプレーに対して「もっとしっかり右足を出して」というアドバイスは結構普通に言われていると思う。
でも、できない選手に「出せ」といっても出ないものは出ない。

選手からしてみれば、

・出そうとしている
・出している

と考えながらプレーしているかもしれない。





バドミントンのネットプレーは、他の競技にはない特殊なものと認識している。利き手側の足を前に大きく踏み込み、体重移動と肘から先の動きのみで羽根を相手コートへ繰り出していく。この動きを経験者であればあるほど特殊とイメージができず、選手に当たり前を刷り込んでいってしまう。



このプレーに対して、右足を出させる為に左足を出させたい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


というのも、右足を踏み込めない選手は右足に(右ひざに)体重を乗せる事が出来ない。これは小さい選手であればあるほど筋力の問題である可能性が大きい。そんな小さな選手に対して右足に全体重を載せさせるのは、怪我に繋がるかもしれない。


ならば指導者は、この荷重を分散させる術を教えるのが妥当だと考える。確かにセンターへの戻りに関しては遅くなる場合もあるが、そもそも右足を前に出す事が重要なのではなく、ラケット方向へいかに体重を乗せられるかが重要なプレーだ。右足を出す事が最終目標ではない。



その為に左足を右足へくっつけたり、滑らせたりするという技術が存在する。ジュニア選手の左足の内側がすり減るのはこの為である。教わっていなくとも、やっている選手はやっている。



ただ、これはできる選手で、できない選手の左足の内側はきれいなままかもしれない。そして、あるレベルまでいけば、今度はそれでも左足はきれいなままになる。左足を滑らせなくとも重心をかける事は可能だからだ。




結局のところ、左足をくっつける、左足を出す、左足を滑らせる、このような動作が大事なのではなく、最重要ポイントはいかに重心を前に載せることができるか。これをジュニア選手に理解させる為には、アドバイスはその選手がやっていない動作をやらせる事がいいかもしれない。

左足を擦っている選手には左足をすらずに出させてもいいかもしれないし、擦っていない選手には擦らせてもいいかもしれない。いろいろな事をやらせてみて、結果として重心の移動というポイントに着地してもらえればいいのだろう。




少なくとも、単純に「右足を出せ」はNGなのかもしれない。