縄跳びがバドミントンのトレーニングに向いているというのはもうご存じかと思います。

ジャンプの連続、縄をしっかりと回しつつ飛び続けると、そのままショートショートの負荷に近くなるでしょう。






それとほぼ同じ理由ではありますが、選手に

「全部飛んで打て」

と指示を出してみました。小学生低学年はさすがに当たりません。でも、飛ぶ事でトレーニング効果にはなるし、なんとか飛んでタイミングを合わせようとします。なんとかしようとする気持ちはとても大切なもの。なんとなくで羽根を打たせるぐらいなら、飛んで打て、と指示を出してみても面白いかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


トレーニング、気分転換の両面が期待できるはずです。