オーバーヘッドストロークの時に、足を入れ替えて打つ練習はどのチームでも練習していると思う。






ではなんで足を入れ替えるのか。



それは、足の力を腰に伝え、最終的にシャトルに伝える為である。足を入れ替えなくてもそれは可能だが、容易にするのが足の入れ替えだ。

右利きの場合は、
ジャンプ→スイング(インパクト)→左足着地→右足着地

最後は両足着地になる場合もある。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




ただ、足を入れ替えれば問題ないのか?足を入れ替えても間違えている場合がある。

それが体重移動だ。
最後の右足着地、というよりは、できるなら左足着地をした時点ですでに右足着地の準備をしておきたい。すなわち、体重を前に移した状態で左足→右足と着地したい。

その為に、単純な言葉を考えてみた。



「足を入れ替えた後に、右足を早めに踏みならしてみよう」



これで、前体重になる場合もある。選手にとって言葉は様々。もしかしたら少しは役に立つ場合もあるかもしれない。