「勝負を決める!スポーツ心理学」



小学生高学年から社会人まで幅広くお勧めです。

というのも、ジュニア選手には4コマ漫画でとてもわかりやすくできていて、内容は監督にも読んでもらいたい程充実しています。


基本的には「プラス思考」というところに落ち着くのですが、非常に面白い考え方もあります。

例えば、

・大会で緊張してしまう場合の対処法
もっと最悪な状況をイメージして自分を追い込み(例えば、身内の死等)、今の状況はそれより遥かにマシだと考える。

・大会前日に眠れなくなってしまう
一度徹夜明けに練習をして、眠れなくてもプレーに支障がそれほどない事を経験すれば、大会前に「眠れないどうしよう」と思う事も無くなり、眠ることができる。

というような、緊張や焦りに対してあまり考えた事のないようなアプローチ方法が載せられています。

他にも、集中や焦りのような気持ちの部分への具体的な対処方法が載っている為、多様な場面にも対応できそうです。



大会の結果だけでなく、練習の取り組み等にも生かせるので、参考にしてみてください。