そんな時ありませんか?





1週間ぶりに上からガンガン打ってみたのですが、何故か打感がたまらなく良かったのです。

打ってないから忘れていた感覚がよみがえったからよかったのか、それとも疲労が抜けたから肩の回りがよかったのか、どちらにしても、気持ちがいいという事は良い事。次もこの感覚で打てると嬉しいものです。



スイングスピードとショットスピード(シャトルのスピード)がリンクすると、気持ちよく感じるようです。そういう時はコースも狙ったところにビタッといってくれます。この感覚の時は、打つ前に相手のエンド、相手のポジション、シャトルの落下点が全てはっきり確認できるんですよね。なんなのでしょう?




最近は、相手のサービスに対して田児選手の例のヘアピンを試しています。バックにも挑戦中。甘いサーブであればなんとかなるものの、厳しいサーブにはやはりコントロールできません。多少体を入れなければ打てないので、それだったらプッシュの方が効率的になってしまうかもしれませんが、でもそこは挑戦したいところ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




ついでに、池田選手のサーブもやってはみているのですが、もうすでに心が折れ掛けています。上に打ってもネットに突き刺さってしまいどうにもこうにもコントロールできません。何か他にコツがあるはず。きっと。。。