左手を上げて打つ、やはりこれは教えるべきではない。







左手を上げる事により、右手の運動が肩支点になりやすく、ウエスタングリップ特有の振り方になりやすい。さらに上体が後ろに倒れ、体を折り曲げるような運動になってしまう。左手をピンと伸ばしてしまうとそれだけで移動しにくくなる。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



軽く考えても、左手をしっかりと上げるのはデメリットの方が大変多く感じられる。今一度再考してもいいのではないだろうか。