「もう少しグリップを気を付けた方がいいな」


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ




この「言葉」を選手はどう受け入れるでしょうか?










実は、選手は言葉の意味よりももっと大きなものを考えています。
それは、

「誰にその言葉を言われたのか」

良くも悪くも、選手は必ず指導してくれている人を見ます。



少なくとも、誰も拒否しない選手を育てたいですし、少なくとも拒否されない指導者を目指したいものです。