「ヘアピン」

女性の髪止めのような飛行をすることからその名前が付けられたらしい。今では「ネット」と言う事の方が多いだろうか。バドミントンで一番距離の短いプレーになる。

ヘアピンは攻めのショットか守りのショットか、おそらくは攻め、ということになるだろう。しっかりと打つ事ができれば、相手はネットの下からの打ち上げを余儀なくされる。こういう意味で「攻め」となるのだろう。ただ、エースショットは意外に難しい。シングルスにしてもダブルスにしても、単純なストレートヘアピンでノータッチを決められることはあまりなく、むしろその後の甘いロブやヘアピンを待つような、「攻める繋ぎ」のショットという意味合いが強いのではなかろうか。

それはあくまで素直なストレートヘアピンだからであって、最短距離のショットはその特性を生かしてさまざまに変化する。距離が短いということは時間も短い。距離の長めなスマッシュよりは相当短い時間で相手コートに落とすこともできるがゆえに、対戦相手はそれを考慮して動き出さなければヘアピンに遅れを取ってしまう。早めの動きだしを相手にさせることができれば、そこからは様々な変化を付ける事で「攻めの繋ぎ」から「トリッキーなエースショット」に変貌する。

まずは「スピンネット」。シャトルにスピンをかけて打つ事で相手のミスショットを誘う・・・・・、だけではまだ甘い。スピンをかけに行く時にテイクバックを大きく取るだけで相手の出足を止めることができる。ヘアピンは距離が短いショットなので、この一瞬のストップでノータッチエースに大きく近づくことができる。さらにフォロースルーもロブ風にちょっとだけ動かしてあげるだけでさらに相手の足を遅らせることが可能だ。ラケット面の角度、テイクバックとフォロースルーの長さは難易度が高い部分もあるが、使いこなせばメリットも大きい。
そして、シャトルをスピンさせることにより、より鋭角にシャトルを落下させることができる。ヘアピンといっても基本的にはシャトルは放物線を描く。スピンのかけ方次第では素直な放物線ではなく、真っ直ぐ落下させることでさらに短時間で相手側に落とせる。
スピンのかけ方、スイングでエースを奪うヘアピンに変化させることができる。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

次に「クロスヘアピン」。このクロスヘアピンは、大きく二つに分かれる。「最速タッチ」と「出足を止めた後のタッチ」だ。
まず最速タッチは、相手より遠い位置へ早いタッチで落とす。対戦相手には、シャトルが横へ移動する為追いかけるのは難しい。相手がほぼストレートにいる時や、こちらのヘアピンに余裕がある時、ネット際に相手がいない時に使うと効果が高い。
最速タッチと逆の発想なのが「出足を止めた後のタッチ」だ。早くシャトルを相手コートに落とすのではなく、相手にストレート側へ足を出させた上で羽根をクロスへ運ぶ、いわゆるフェイントの一つだ。ヘアピンは、高い位置から床に落ちる寸前までどのタイミングで打つ事もできるショットである。この高さを利用して、ラケット面をストレートに向けつつ相手を確認し、ストレートに体が動いたところで面をクロスに変えて打ち返す。多少浮いたとしても、相手はストレートに動き出している為方向を変えるのは容易ではない。

クロスヘアピンは、打ち方は様々だが、基本的には回内のみを使って打つ。日本ランキング1位の田児選手が全英オープンの準決勝、バオチュンライ戦で魅せた、ラケットを立てっぱなしにして上にこするような感じで打ち返す方法もあるが、高さ調整の難易度は高い。動画を探すとでてくるのが、デンマーク、クリステンセン選手(だったかな?)のバックハンドからさらに左側へ流すような、ディセプションを効かせたフェイントのクロスヘアピンも非常に面白い。

このショットはリスクも考えなければならない。特にダブルスでは、ヘアピンを打つ場面というのは相手もトップアンドバックである可能性が高い。その為、相手前衛選手を考えて打たなければならず、場合によっては相手選手の目の前をシャトルが通過してしまう。リスクをできるだけ削れる状況でクロスヘアピンを選択したい。





ヘアピンの使い方は、ダブルスとシングルスでは大きく変わってくる。ダブルスでは特に高さに気を使わなければならない場面が多い。前述したように、基本的にはヘアピンを打つ場面では、相手選手もトップアンドバックなので、浮いた瞬間叩かれると思っていい。とにかく浮かせないヘアピンを打たなければならず、その為には距離は延びても構わない。高さに細心の注意を払えば、相手から攻撃を受ける事は無くなるはずだ。
シングルスでは、相手からの距離が重要になる。今相手がいる位置から少しでも遠くへヘアピンを打つのが基本戦略だ。相手からのクロスドロップならストレートヘアピン、ストレートドロップならクロスヘアピンがシンプル且つ有効な選択だ。高さはそれほど気にする必要はなく、山を作ってでもネット際に落下させたい。特に相手スマッシュをヘアピンのように返球する場合には、ある程度浮かせてでもネット際を狙う技術は必須といえるだろう。ロブに見せてのヘアピンも、ダブルスよりシングルスの方がより効果的だ。


ヘアピンを効果的に使えればゲームを楽に進められるが、ジュニアやレディースでは使用頻度が低い。これは、ヘアピンは高い位置で触らなければ効果が薄く、フットワークが遅いレディース、身長の低いジュニアには苦手意識を持つ選手が多いからだ。だからといってロブに頼るのは私は好まない。きっちり高さをコントロールできれば多少遅れても効果は高いし、何よりロブをあげるということは相手に攻撃のチャンスを与えてしまう。この苦手意識はしっかりと克服しなければならない。

ある程度動けるようになる中学生以上のシングルスでは、特にヘアピンの使用頻度が増えてくる。ショートサービスが主流になりつつある男子シングルスでは尚更で、1本でも多くスマッシュを打ちたい為にヘアピンを使用して相手のロブを誘っていく。いいヘアピンはスマッシュチャンスを生み、結果としてラリーを取る確率が増える。つまり、ラリーを取る為にはいいヘアピンが必要であり、ラリーを取られない為にはいいヘアピンを打たせない技術が必要となる。ネット際の攻防がラリーの攻守を決める場面は非常に多く、それだけヘアピンの技術は重要なのだ。

ダブルスでは、ヘアピンは読まれてしまえば相手のプッシュを受けてしまうリスクの高いショットとも言える。男子ダブルスでも、相手のヘアピンを前衛は常に狙っている。シングルスよりもネット際の攻防はシビアといえるだろう。とりあえずラケットはできるだけ立てて入って、打つ寸前にラケットを下に回してヘアピンを打つような、ヘアピンと思わせないヘアピンを使わなければならない。相手がサイドバイサイドのままであれば積極的にヘアピンを使っていきたいが、前衛がいる場面では、相手の動きを観察し、ディセプションや最速タッチの選択を即座にして、前衛を交わしながら勝負をしかけていきたい。


リスクとリターンのバランスはヘアピンの技術によってどちらにも振れてしまう。リスクを負ってでも、ラリーを得る為にはヘアピンでしかけていかなければならない場面が必ずあるだろう。その為に、多彩なヘアピンを練習で準備してゲームに生かしていきたい。練習自体は非常に楽なのが特徴だ。昔からさぼり癖のある選手はヘアピンが上手いと言われているほどであるが、それだけに指先の感触にまで気を使わなければならない。面の角度、強弱、ラケットの動かし方、足の出し方、細部にわたり調整しつつ、数多くの場面を想定しながら練習していこう。