「当たる瞬間にグリップを握り込む」






こういう言葉を聞いた事がある人も無い人も、よく考えて欲しい。





速いショットを打つにはラケットヘッドを加速させなければならない。

加速させる手段として「当たる瞬間にグリップを握り込む」ということのはず。



「当たる瞬間」にラケットを握り込んで、本当にラケットヘッドは加速するのか?

「瞬間」でいいの?




インパクトの時にはラケットヘッドは「加速を完了」していなければならない。
インパクトの時に「加速開始」ではもう間に合わない。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


屁理屈かもしれないが、「当たる瞬間」ではもう遅い。



インパクト前に、いかにしてラケットヘッドを加速させることができるか、それを目指す為の言葉と考えるならば、当たる瞬間の握り込みは、、、間違っているはずだ。










そもそも、「インパクト瞬間の握り込み」よりも「加速の為の脱力」の意味合いが強い言葉なんですけどね。。。