そろそろシニアの予選会が始まるというのに、かなりの練習不足に陥っています。





練習できないと何ができなくなるかといえば、スピードについていけなくなるのです。
その原因には「目」が追い付かなくなるのが一つ、そして、それの大元の原因として、

「集中力」

があります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


これは私の場合かもしれませんが、試合中は集中力が波形を描きます。ラリー中も上下を繰り返し、頂点はラリー中に幾度も現れます。

問題なのは、頂点の高さではなく、集中力上昇のタイミング。
ゲーム慣れしてないと、羽根が来る寸前まで集中力が上昇しないのですが、ある程度慣れてくると、相手が打つ相当前から集中力が上昇し、おそらく、相手が打つ前にピーク近くまでいっているのだと思います。この感覚が無い時は、レシーブの振り遅れや、レシーブコースが甘くなったり、ドライブでもコース変化を付けられなかったりとさっぱりうまくいきません。

慣れるまでは、無理やりこの集中力を上げようとするのですが、今度は1ゲームもたなくなります。やはり無理をすれば力は出せない。

ここでいう「慣れ」がある程度達成されれば、無理せずとも集中力があがり、無理をしていないから最後まで集中力が細かい波を描き続けてくれます。




ということで、試合も近いことなので、ゲーム慣れは最低限できるようにしてみたいと思います。目指せ本戦。