古田敦也のスポーツ・トライアングル「バドミントン 佐々木翔」

見てみました。
見た方もいっぱいいると思うので、かいつまんで印象に残ったところを何点か。




「仙骨をイメージしてスイング」
体の軸だったり、たぬ吉の場合は左足を意識したりと人によってそれぞれではありますが、佐々木選手は「仙骨」。
背中の腰の中心あたりをイメージしてのスイングはやったことありませんでした。今度挑戦してみようかと。

「脱力」
神経を鍛える、言葉では簡単でも、筋力を鍛えるよりもさらに難しく、さらに地味。新しいく体を動かす神経を作る、出来上がった選手にとっては相当精神的に堪えるのではないでしょうか。

「弱気から強気へ」
やはりメンタルトレーニングも、トップ選手には必須なのでしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


正直言うと、佐々木選手のフットワークは筋力の賜物だとばかり思っていました。アウターで体を引っ張りアタックポイントにねじ込む、ように見えていたのですが、実際はそうでもない。もちろんあの解析だけではなんとも言えないとは思いますが、やはり脱力からの速度アップは必要なんですね。