各高校、相当の不祥事がでまくりながらも出場している高校野球。もう野球部は犯罪者予備軍なの?と思われても仕方がないほど、びっくりするほどの事件だらけです。



たぬ吉の線引きとしては、



・部活動、部活内での不祥事は出場停止

・選手個人の不祥事は、選手が出場停止



じゃないかなと思ってます。






例えば青森山田高校。確かかわいがりだかなんだか知りませんが、部活内で選手が無くなった事件がありました。
ライブドアニュース
これは部活動内。部活が終わっていたともいえなくもないかもしれませんが、寮生活ということは野球の為の寮生活と考えて、その寮内で起こった事なら部活、もしくは学校の指導が足りなかったと考えられます。選手を集めるだけ集めてあとはほったらかし、そんな部活が公にでていいのか、と。

そして近しいのは作新学院。選手の強盗事件ということですが、選手一人個人のやったこと、と考えるなら部活内そういう態度は必要かと思いますがあくまで個人、退部、退学という処分になるのではないかと。
少年院にしろ学校生活にしろ、生活指導、更生という名目があって、その中の学校教育や部活動があるはずです。その一人は態度が悪いから、今後このような事態があるかもしれないから部活に入れない、という判断がされるかもしれません。
でも、部活動はそういう役目もあるはず。一人の人間を育てる為に、その部活動の中で指導していくという役目があるはずです。そんな役割を放棄して、甲子園出場だけを目指してしまうのは本末転倒なのではないかと思うのです。せいぜい選手の退部退学だけにとどめるべきなんじゃないかと。



ただ、「3年間練習してきた選手がかわいそう」とか、そういう言葉はまったく不要だと思います。むしろ、まじめに練習してきた選手は関係ないのです。学校のクラスで一人事件を起こしたからそのクラスは大学受験自粛、そんな話にはなりません。それは「かわいそう」だから自粛にならないのではなく、「関係無い」から自粛にならないのです。



結局のところ、その被害者が「その部活動が気に入らない」と思うのか、「そいつが気に入らない」と思うのか、そういう問題なのではないでしょうか。
部活動内なら「何やってんだ、あの部活は」だろうし、別の場所での事件なら、高校や部活に話がいく前に個人とその家族の問題になるでしょうから。