手投げノック、ちょっと軽視していました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


というのも、羽根は優しく飛んでくる事なんてない、打ちにくいところへ動いて、厳しい状態で打つ事の方が多い、だから手投げノックはアップ程度で、ラケットノックを多めにと思っていました。



ちょっと間違っていたかもしれない。






できる選手にはそれでいいかもしれません。でも、できない選手には、まずどんぴしゃで当てる事を体に染み込ませなければなりません。それが優しい羽根だろうと止まっている羽根だろうと。できない選手はまずそれをやらなければなりませんでした。


動いて羽根を打ち返す事が基本、それに練習時間を割く事は決して間違っていませんが、選手のレベルを見て練習内容を変える事の大切さをあらためて思い知らされました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


まだまだ楽しみとはいえませんが、この調子で上達していってほしいものです。