このタイトルに違和感を感じるのは、世代の問題でしょうね。私も書いてておかしく感じていたりします。





ジュニア選手へのアドバイスの一つとしてのタイトル。常にこれを意識してフットワークしてみると、ちょっと違う世界が見えてくるかもしれません。

というのも、例えばフォア前で右足を大きく出して取りにいった場合、ここで次の一歩を左足で動くと、もしくは左足が動かせる状態にあれば、フォーム的にも安定してくる事が多くなります。右足に目一杯突っ込んで取った場合は次の一歩を左足の引きつけで使い、浅めに右足を出した場合はプレイングセンター方向への一歩を左足で出す事を「強く意識」します。

この意識が体の安定を生み、ショットも安定して戻りも早くなる事があります。


後方へのオーバーヘッドストロークでも、右足でジャンプしてスイング後の着地は左足。この左足の着地をイメージする事で空中でのバランスを生みます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



フットワークやバランスの悪い選手には、試してみてはどうでしょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



昔は、出した右足をそのまま蹴っ飛ばして戻るのが基本だったんですけどね(今でも使う時はありますが・・・)。時代と共に変わっていくものです。