数週間前の目がテンである。結論から。

「そのまんま、バドミントンの基本である」





最初の「腕の振り」はひとまず置いておくとして、後半二つの

・拇指球に体重を乗せる

・内股


簡単に言えば前体重ではあるが、前に体重をかけるということではない。重心をかかとではなく拇指球(親指の付け根)に乗せる事によりより安定し、蹴り足が強くなる。フットワークは地面を蹴って移動するわけだから、この感覚は非常に重要だ。

次の内股、この感覚はわかりにくいかもしれないが、中国のバオチュンライ選手(引退)のようなX脚をイメージしてみると若干わかりやすくなるだろうか。瞬間的に蹴る時に膝が外に向いていては地面を蹴りにくい。バドミントンはスタートダッシュの繰り返しだ。短距離のスタートから加速の技術は重なる部分があると言えるだろう。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


しばらく見忘れていたのが残念なぐらい、とてもわかりやすい説明だったし、考えと重なる部分があり、とても納得できた放送だった。