・相手のヘアピンに対して、ネットインでもプッシュ

・ショートサービスに対しての突っ込み

・ドロップに対しての突っ込み

・ハーフショットに対しての突っ込みアタック

・相手のクロス切り返しリターンに対しての前衛ストップ

・ストレートハーフの前衛でのアタック

・ピンサーブに対してのカウンターアタック




あなたのバドミントンには、どれだけのスイッチがついていますか?
練習では考えて打て、と散々言われるとは思いますが、これらの感覚は条件反射。頭ではなく体で反応しなければなりません。反応できないという人はスイッチが付いていない証拠。スイッチを付ける為に練習しなければならないでしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


スイッチということは、どこかで体が判断しているはず。そのスイッチがオンになる瞬間というのは、おそらく選手によって違いがあるかと思います。相手のラケットを見ている人もいれば、体の向きであったり、もしくは違う何かを見て体が動き出す事になります。

スイッチを実装する為には目が大事であり、それを動かす体がついてきて初めてこのようなプレーが可能になってきます。プレーの特徴を持たせる為にも、いろいろなスイッチを付ける練習をしてみましょう。