ここのところ、左右のバランスの重要性を軽視してしまっていた練習をしていたかもしれないと思わされている。




というのも、右で羽根をインパクトできない選手の、その理由がわからずいろいろと試行錯誤していたのだが、結局のところは体の回転をうまく使えていない事がわかった。

この体の回転を上手に使う為には、左膝と左肘で体のバランスをうまく取らなければならない。ただ単に体を回しただけでは意味がないし、もちろん回さなければ力は伝わらない。体を回転させる(捻転といった方が正しいのかもしれないが)事によってラケット面が正面を向く。イースタングリップを意識させて体を回転させないで打つと、ラケット面を正面に向ける事が、実は難しいのだ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



よく言う「体を使って打て」は、実は利き腕とは逆の肘、膝をいかにうまく使えるか、にかかっているのではないだろうか。