ちょっと前の記事が意外に好評だったようなので、左肘のみについて書いてみたい。





右手で打つ時に左肘をどう使えばいいのか。

この左肘を、例えば体の前に置いたままオーバーヘッドスイングしたらどうなるかといえば、右の腰がまったく前へいかなくなる。体の回転をまったく使えず、右腕だけのスイングになってしまい、力が伝わらない。

では、左肘を大きく後ろへ持っていったらどうなるか。
体は回転するが、今度は右の腰が止まらず、左回転で体が回ってしまう。シャトルを打ち出したい方向は前なのに、これではラケットに力が伝わらない。

打つ前に、左肘を後方へ引き、右の腰を前へ捻転させる。そして右肩が前に行きラケットが前方へ振られる。そして、インパクトのちょっと前に、この腰の捻転を止めて右腕を前方へ振り込む為に左肘を少しだけ前へ入れる。最終的に、回転の力をラケットへ伝える。



言葉にすると何だか面倒な事になっているが、実はほとんどの選手がこの動作を行っている。ただ、こういうことが出来ない選手は、いわゆる「センスが無い」選手と言わざるを得ない。センスが無い選手はセンスのいい選手にはかなわないわけではないが、こういった体の動きを少しずつ染み込ませて、体に覚え込ませなければならない。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


簡単に言えば、ナショナルのコーチなんかはこんな事を考える必要はまったくないのだ。こういう細かいところを突っ込んでいかなければならないのは、初心者を教えていかなければならない指導者。主にジュニア世代相手の指導者だ。各協会、連盟、特に日本バドミントン協会は真剣にこれを考えて欲しい。