後ろから打ちこむ。それがお仕事。






後ろから打つ、それだけでは決まらない。

決める為には、

・ポジションを上げて打つ
・前衛に決めてもらう

後ろではこういう攻撃を心がけたい。その為には、

・相手を崩す
・スピードと角度で押し切る

破壊的なスマッシュ、もしくは、角度やコースを自由に変えて相手を崩せればポイントに近づく。



ただ、アタッカーだからといって後ろで打ってりゃいいわけではない。ダブルスは目まぐるしくポイントが変わるもので、決して一つのプレーさえできればいいというものではないのだ。

・サイドバイサイド時
パートナーにシャトルが上がった場合は、クロスの切り返しを最重点に張る。リターンされた瞬間に下がり、パートナーを前衛に入れる。自分の方へ上がった場合は意地でも打ちこんで、やはりパートナーを前に入れる。
相手の攻撃では、前に落としながらパートナーを前に入れる方法もあるが、自分でドライブで押し込んで相手の返球を待つ方が実用的かもしれない。無理やり後ろに下がろうとする事はバランスを崩す事に繋がる。場面を考えてポジションを変えたい。

・前衛に入った時
ヘアピンよりもプッシュやドライブで押し込むようなプレーを多めにしたい。そうすることによってパートナーを前に入れる展開に持ち込みたいからだ。ヘアピンではパートナーを後方に追いやる事になる為、テンポを上げてシャトルを上げさせたい。ポジションは前衛でもできるだけ後ろで構えたい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


自分で打つ為には、パートナーにそういう羽根を出してもらえる事がポイントになる。2連続、3連続アタックではなく、パートナーが作ったシャトルに対してのアタック、おそらくはこれが決める確率が高くなる。この形を作ってもらえるように後方から攻撃する形を作れるように羽根を回せるといいだろう。