以前も書いた記憶があるんですよね、このネタ。どんな事を書いたか覚えていないのと、記事が見つからないのと、さらには違う事を思いついた気がするので再度書き連ねてみます。





シャトルを待つ選手とシャトルを打ちにいく選手。確か以前書いた時は、

シャトルを待っていてはだめ。打ちに行かなければ。

というような書き方をした記憶が微かに残っています。
簡単な例をあげれば、相手のドロップに対して最初からロブを打ちにいくか、プッシュに行こうとして突っ込んでいくかの違いは大きく、良い位置でシャトルを打つ為にはシャトルを打ちに移動しにいきたい、こんな感じだったでしょうか。

ですが、今回は少し見方を変えてみます。



「シャトルを打ちに行く前に、シャトルを待たなければいけない。」


シャトルを打ちに行くという事は、相手がシャトルを打ったという事。シャトルを相手が打ったからシャトルを打ちに行く。。。

これでは遅いのです。

相手がシャトルを打つ時、その時にはシャトルを待っていなければなりません。
シャトルを待つという事は、相手がシャトルを打つ前にシャトルを打ちに行く体勢を取るという事になります。

この行動が遅いと初動が遅れ、いくらシャトルを打ちに行くことができる選手でも初動が遅れて追い付かないという事になり、プレーに生かす事ができません。シャトルを待つ為には相手を見る事も必要ですし、いわゆる「プレイングセンター」を自分で決める事も大事です。センターが取れないならどの場所だったとしても「シャトルを待つ」場所を作らなければいけません。例えそれがコートの隅っこだったとしても、シャトルを待つ事は絶対条件です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



打つ→待つ→打ちに行く

この動作が自然にできるように考えていくようにしましょう。