シニアから1週間経ちました。早いですね。

忘れる前に、風化する前に、なんとなくではありますが選手としての目標を残しておきたいと思います。





1.柔軟な対応ができるようにする

強い弱いだけではなく、様々なタイプの選手がいる大会。どんなタイプかはその場までわかりません。スマッシュを打たせないようなラリーをしなければいけない場合もあれば打たせてラリーしていく方がよく進む場合もあります。その場の判断で、しかも早い段階で見極め、柔軟にプレーを変えていけるようにしていかなければ勝ち進む事はできません。


2.破壊的なスマッシュと確実性の高いスマッシュの共存

特にミックスでは破壊的なスマッシュを求めていました。まだ身についてはいませんが。。。
ミックスでも確実に入れていかなければいけない場面もあり、そこで無理をしても意味がないポイントでの強打で結局決められない事が多くありました。ダブルスはともかく、ミックスでも次のシャトルを引き出すスマッシュを出していかなければならないようです。


3.サービス周りを徹底的に向上させる

ショートサービス、そのレシーブ、パートナーショートサービス時のプッシュ、ドライブレシーブ、これらのプレーは展開が早く、静から動への切り替えが一気に行われます。まだまだ改善の余地があり、ここが向上すればラリーを大きく優位に進める事ができるはずです。さらにロングサービスも正確にださなければならないし、確実に打ちこまなければなりません。まだまだ、まだまだ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



来年の開催地によっては出場を断念しなければいけませんが、それでも再来年、出場できる時までにきっちりと目標をクリアして、1試合でも多く試合できるように頑張りたいと思います。