日本のバドミントンで最高位の大会。もっと注目しないと。




男子シングルス
優勝  田児賢一 (NTT東日本)
準優勝 佐々木翔 (トナミ運輸)
第3位 坂井一将 (日本ユニシス)
第3位 池田雄一 (日本ユニシス) 

女子シングルス
優勝  今別府香里 (パナソニック)
準優勝 三谷美菜津 (NTT東日本)
第3位 廣瀬栄理子 (パナソニック)
第3位 奥原希望 (大宮東高校)

男子ダブルス
優勝  早川賢一 遠藤大由 (日本ユニシス)
準優勝 平田典靖 橋本博且 (トナミ運輸)
第3位 佐藤翔治 川前直樹 (NTT東日本)
第3位 佐伯祐行 垰畑亮太 (日本ユニシス)

女子ダブルス
優勝  盒粁蕾據‐祥美佐紀 (日本ユニシス)
準優勝 藤井瑞希 垣岩令佳 ( ルネサス)
第3位 松尾静香 内藤真実 (パナソニック)
第3位 末綱聡子 前田美順 ( ルネサス)

ミックスダブルス
優勝  嘉村健士 (トナミ運輸) 米元小春 (パナソニック)
準優勝 佐藤翔治 西山夕美子 (NTT東日本)
第3位 橋本博且 (トナミ運輸) 藤井瑞希 ( ルネサス)
第3位 垰畑亮太 盒粁蕾據 米本ユニシス)



時代の変わり目を感じるような結果でした。平田橋本、末綱前田、広瀬、一時代を築いてきた選手がトップに立てず、ファイナリストにもなれず。新世代の台頭というよりは、これから群雄割拠となりそうな予感。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


そんな中、MS田児、佐々木の安定感、そして、きっちりと結果を残し続ける佐藤翔治選手。特に佐々木選手と佐藤選手は時代に流される事無くトップクラスに居続けています。来年も、また期待します。