もっともっと高さに集中して打ち返さなければラリーを進めることはできない。




だいぶ前に書いた曲線。
つなぎゾーン〜直線

この曲線をもっと頭に入れてプレーすれば、ラリー自体が楽になる。
この画像が2009年のものからまったく手を加えていないものなので、もう少し考えてみる必要があるかもしれないが、これを作った時は自分本位で書いたものだった。

この曲線を自分ではなく、相手コートにあてはめたとすれば、相手にはつなぎゾーンよりも下、レシーブゾーンで羽根を触らせるようにコントロールしたい。むしろ、それを最優先にしてもいいのではないだろうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


上で触って下で触らせる。シンプルではあるが、これを繰り返すことがプレー自体を楽にしてくれるだろう。