バドミントンの基本はフットワークである、とは思う。





だが、フットワークを使うと言う事は相手に動かされているという事にもつながる。相手に動かされなければ、フットワークは最小限で済むのだが、実際のところ、コートは広く感じてしまう。

一つの方法として、打点を下げ、利き腕とは逆の足をできるだけコート中央へ置いておく。ショットは角にコントロールして、強打は極力避ける。高さと落下位置をできるだけ相手から遠くにし、相手のコントロールチャンスを奪う。


この方法を繰り返すと、フットワークの歩数が減り、動かずにプレーすることができる。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


デメリットとしては、強打ができない、角度がつけにくい、ショットスピードが遅い為、コントロールミスが致命的になる、等が考えられるが、一つのラリーの手段として使えない訳ではない。ペースチェンジを繰り返しながらラリーをしてみたらどうだろうか。