ロンドン五輪前に、まさか佐藤翔治からダブルスの話があったなんて、たまげましたわ。





そんな舞台裏的な話はおいといて、技術に突っ込んでみたいと思います。

今回の佐々木翔の特集では、

・関節の可動域
・重心を高くする
・ひねり、連動性

だいたいこのあたりでしょうか。
トナミでの練習で紹介されていた、ベンチに仰向けでに肩付近を乗せて、波打たせるようなトレーニングは体幹トレーニングに近いように感じました。軽い負荷で全身を連動させるイメージを作るものですが、体のバランスをとるような部分もあるのではないかと。やはり今のトレーニングの主流は体幹系ですね。

そして、驚いたというか、ここまではっきり「重心を高くする」という言葉を聞いたのは初めてかもしれません。
今まで重心はできるだけ低くという考えが主流だったはずですが、一歩目に関して言えば、足の角度を考えても低すぎると足が出にくいというのは感じていました。ですが、あそこまで「高くする」と考えたことは、私は一度もありません。
重心に関してはもっと考えてみる必要がありそうです。

そうそう、重心の話の後にやっていた、踏み台を登ったり降りたりのサイドステップ、あれはいいですね。負荷もかかるだろうし、スピードも上がってかなり良さそうだと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

バドミントンをやる上での体づくり、まだまだいろんなアプローチの方法がありそうです。