サムアップ・・・親指を立ててグリップを握る。バックハンド時に行う。
握り替え・・・フォアやバックで打つ時に、振りやすいようにグリップを握り替える事。





 この話をするとよく話題に上がるのがコンチネンタルグリップと呼ばれるものである。調べてみると、テニスとバドミントンでは若干意味合いが違うような気もするが、バドミントンのそれは、イースタングリップから少しウエスタン気味に握り、そのままフォアとバックの両方を行うという握り方である。
 つまり、この場合は握り替えは存在しない。ただし、サムアップは行う場合がある。握り替えは時間がかかり、レシーブが間に合わない事があるが、サムアップは、親指をぐっと上に立てるだけなので時間はかからない。サムアップした方が打ちやすいならコンチネンタルグリップであろうとサムアップはした方がいいだろう。


 相変わらず逸れる話ではあるが、元に戻す。そもそも握り替えをするのにどれぐらい時間がかかるのだろうか。至近距離からのスマッシュであればおそらくは握り替えは間に合わない。むしろ、ラケット面を準備しておかなければ間に合わないだろう。そうなると、フォアとバック両方をフォローするのは不可能であり、ある程度広く守れるバックハンドで握っておく事になる。つまり、握り替えは、「しておく」事になる。握り替えをしてあるのであれば、サムアップもしてあるわけだ。

 相手がある程度奥に押し込んだ場合は握り替える時間がある。時間があれば、より広く守れるようにフリーに構えてフォアとバック両方を取れるようにしておく。この場合は、すぐに握り替える準備をし、サムアップは、バック側に根拠がない限りはしていない。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


 このように、握り替えとサムアップでは行動に違いがあり、役割も違う。用語を正しく覚える必要は実はあまり無いわけだが、プレーごとに今何をしているのか、言葉と関連付けて思い返しているのもいいかもしれない。