• 1. abc
    • 2013年01月29日 15:34
    • 質問させてください。

      カットについてです。

      上級者の方は、フォアで「ストレートに」カットを打つ時って、すべて純カットですか?

      例えば、バック側に打たれて、いっぱいいっぱいでフォアで回り込んだ時は、ストレートにリバースカットを打つイメージがあるのですが。

      同様にバックはどうですかね





 私が上級者かどうかは置いといて、結局のところどちらでもいいんじゃないかと思います。もしくはケースバイケース。

 右利きとして、左側へ面を向けるのは「純カット」、右側へ面を向けるのが「リバースカット」とします。ほとんどの人は「純カット」の方がコントロールしやすいのではないかと思います。ですので、どちらかと言うと「純カット」の方が数は増えるでしょう。きっちりコントロールすることを優先させるなら「純カット」を選択します。

 では、リバースカットでストレートへ打つメリットといえば、打ち方はそれぞれですが、私の場合は気持ち打点が下がります。この一瞬の間によって相手の出足が一瞬止まります。

 質問の左奥ですが、追い込まれた場合、打点が後ろになる事があります。この状態での「純カット」よりは、「リバースカット」の方がコントロールしやすくなる事があります。逆に、右奥の場合は、「純カット」の方がコントロールしやすい場合が多いでしょう。

 ここで、基本的にはカットはスイング方向と違う方向へシャトルは飛行します。左奥からクロスにラケットを振り、ストレートに羽を飛ばすには「純カット」で打つ事になります。逆に、右奥からクロス側へラケットを振ってストレートにシャトルを飛ばすには「リバースカット」で打つことになります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

 カットには得手不得手があり、打ち方や面角度、スイングスピードから打点まで様々です。コントロール重視で打つ場面と、相手をひっかける意味で打つ場面とで切り方は変わってくるでしょう。ありきたりではありますが、いろいろ試してみるのと、全ての場面で全てのカットを使いこなすつもりで練習するといいかもしれません。