わかります?「くるん」って。




オーバーヘッドストロークで、フォロースルーをくるんと回して元の位置に戻すスイング。イメージつきますか?レディースや小学生に多いこの行為、いったいなぜ「くるん」と回すのでしょうか。

「くるん」と回す事ではラケットヘッドのスピードは上がらず、むしろスピードは落ちてしまい面も安定しません。それでも「くるん」としてしまうのは、もしかしたら、レディース、ジュニア共通の問題があるのかもしれません。その考えられる問題とは、

「筋力不足」

の可能性があります。ラケットを振る為に使う筋力は、そのラケットを振る事が出来ている以上、あると考えていいでしょう。無いのは、、、

「スイングを止める筋肉」

です。勢いをつけてスイングしたラケットを腕や肩、肩甲骨回りの筋肉で動きを止める事により、さらにラケットヘッドのスピードを上げます。いわゆるムチのように振るという部分の一番最後の動作になります。動きを止める筋肉は、スイングする筋肉よりもはるかに強いものが必要となる為、スイングはできても止める事はできなくなります。そうなると、止まらないラケットは減速しながら止めるしかありません。減速の方法として、フォロースルーを必要以上に長くとらなければならなくなります。そこで出てしまうのが、「くるん」とラケットを回す行為です。

ラケットが合わず振り回されていることも考えられますが、素振りをすることで筋肉を付けていくことにより、この「くるん」は治すことができるかもしれません。重い負荷のトレーニングの必要はありませんが、意識してラケット、腕の動作に急ブレーキをかける練習を繰り返せば、おそらくスイングスピードの上昇と共に、腕を止める筋肉も強くなってくると思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


「くるん」とすることで逃げているスイングパワー、生かす為にはしっかりと振り込んでみましょう。