筋肉量を考えると、大人と同じスイングは不可能。




例のぶん回しクリアの話。

グリップのエンドが隠れるぐらい下を持って、遠心力を使いながらブンッ!と大きく振って遠くへ飛ばすスイング。




私はこれが大嫌いなのです。



ジュニアはジュニアらしいラケットワークを覚える、そして、クリアの飛距離はある程度目をつぶり、カットやドロップの精度を上げる、そう考えています。

ただ、どこかでハイクリアなるものを覚えなければなりません。そうしなければ大会で勝てませんから。勝つよりも技術を覚える事が大事、とも考えてはいますが、選手のモチベーション維持の為にもクリアはどこかの段階で覚える必要があります。


どのようなクリアを覚えるか。

前述したようなクリアは覚えて欲しくは無いのです。いくら持ちかえられるといっても、必ずあのスイングではバックハンドに支障がでます。ダブルスでまったく対応できなくなる可能性もでてくるのです。

そこで、私の考えるクリアのポイントは、


・飛距離は多少目をつぶる
・足の入れ替え、体幹の捻転(腰の捻転)
・インパクトを強く振る


最初から大きいスイングを目指すのではなく、インパクトでの強打を目指し、体の力を上手に上半身に伝え、瞬間的に強打を行う、この感覚を目指してみて欲しいのです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

フォームの好みは人それぞれかと思います。選手を導くのも指導者の仕事。決して間違った方向へは進まぬように注意しながら調整してみたいと思います。