前々から悩みまくっているクリアのお話。


今のところの結論は、小学生の内はクリアの距離を気にしないようにする。

これが理解できる人だけ先にお進みください。


かといってクリアを打たなくていいというわけではなく、ある程度、特にドリブンクリアでごりごり押し込んで行こうとするのはなかなか有効な戦術でもあります。シャトルの勢いであれば、飛距離は気にしないで相手の打点を遅らせればいいということになるので。


この時、強い羽根を打とうとして大振りになりませんか?強く遠くへ打とうとすればするほど、このパターンにはまります。これを放っておくと、この大振りスイングのまま、当てようとしてしまいフォームを崩し、さらには適応してしまい、振り回すだけのバドミントンになる可能性があります。

ジュニア、特に低学年はラケットとシャトルの感覚だけでいいのでフォームはポイントを押さえるだけでいいと思いますが、高学年になるとそうもいきません。大振りでは追い込まれる事も増え、テンポが上がれば上がるほど対応できなくなります。やはり基本のフォームは大事にしたいところです。


距離ではなく、ラケットヘッドのスピードを上げるスイングを目指さなければなりません。例え遠くへ飛ばなくとも、追い込まれた時にうまく体の回転で小さなスイングでシャトルを弾く事が出来れば、それが出来るかできないかがコンパクトなフォーム、効率のいいフォームの大きな境目になります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

体をコンパクトに回し、ラケットヘッドのスピードを速く、この重要ポイントをうまく抑えて、フォームを崩さないようにクリアを教えていきたいですね。