痛いそうです。疲れたそうです。


選手からの言葉。

「疲れたぁ〜」
「足が痛いんだよぉ」

昨日はたくさん頂きました。


当たり前です。それだけの負荷をかけた練習をしたから。
小学生は春休み。大会もまだ近く無い。これだけの条件がそろえば高負荷な練習メニューを組みたくなるというのが指導者というもの。

昼間体が痛いなら、座って勉強しててください。もっとつらいというのならお昼寝してしっかり休養しなさい。

今負荷をしっかりとかけて、春からの大会に突っ込んでいけるようにうまいこと調整をしてあげたいと思ってますが、この高負荷な練習はやはり2日から3日の練習休みをとってあげないと壊れる恐れもあるので慎重にいきたいところです。もともと毎日羽打ちはできないので、疲労抜きで1日、軽めのトレーニング(体幹やら軽いフットワークやら)で1日、次の羽打ちはおそらく水曜日なので、筋肉痛が残るぐらいで体育館練習にいけるといいなと考えてます。そこも羽打ちの感覚重視で、もうひとつ煽るのは週末になるでしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

春は大会の季節、4月から数カ月続く目標の一つ一つをクリアできるといいですね。