タイトルだけで良いと言えばいい。といってもそれは私の頭の中だけの話。


「ラケットの跳ね上げ」とは。

オーバーヘッドストロークにおいて、ラケットを振り切る時にインパクト後、前に出たラケットヘッドを後ろ、もしくは上に戻す行為。



毎度のことながら勝手に定義してみました。

特に苦しい体勢でラケットを振り切ることができない場合にラケットヘッドだけを動かしてシャトルを弾き、その勢いのままヘッドを元に戻します。ちなみに動画は眠いので用意していませんが、韓国男子ダブルス、ジュンジェサンの跳ね上げは個性的ですね。


今まで、実はこの跳ね上げ、とくにジュニアや初中級者においては、ある程度「センス」によるものが大きいと思っていました。これをやる選手は早い段階から教えることなくやっているのです。ラケットを加速させる為の行動なので、それを考えなしに出来るのはセンスだと。

ただ、センスだけではなく、小さいスイングを身につけると、自然とこの跳ね上げができるようになるのかもしれません。小さいスイングとは、いわゆる腕や肩で遠心力を使って行うスイングではなく、ラケットヘッドだけを加速させようとするスイングのこと。インパクトの瞬間のヘッドスピードを大事にするスイングです。これを繰り返し練習することによって、追い込まれた時も小さいスイングで羽根を飛ばす事が可能になります。

この感覚を覚えると、跳ね上げようとせずとも、厳しい時や打った後の動き出しを早くしようとした時に跳ね上げ行動が出る事があるようです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

この跳ね上げは、ある意味必須と言えるかもしれません。というのも、教わる事ではありませんがどの選手もやっている事なのです。ジュニア選手でラケットを振り回す選手には非常に少ないかもしれませんが、トップ選手の誰もがやっているプレーの一つです。それらの選手がいつ頃やるようになっていたのかは非常に興味深いところです。ジュニアから高校まで、おっかけてみるのも面白いですね。