漢字あっているかな?


フェイントだったりディセプションだったりと、相手を逆方向に動かす、予想外の方向へシャトルを飛ばすプレーがありますが、レベルを上げれば上げるほどリスキーになる。

というのも、確実に打ち返すのであればフォロースルーからしっかりと羽根を打ち返すことだけを考えればいい事に対し、フェイントをかける場合はそれと真逆の動きをしていなければ引っ掛かってくれない。

できるだけ打ち返す寸前までコースを絞らせないのがベストではあるが、やればやるだけミスをするリスクが高くなる。レベルが上がると、フェイントまでの引きつけが長くなりリスクが増大、確実なフェイントなどと言うものは存在しなくなる。フェイントをかけるのなら、このリスクとリターンバランスを考えつつ、相手をどこまで騙そうとするプレーかを考えていきたい。


厳しい返球も増える中でのフェイントの勝負は痺れるものがある。ちょっとした隙にフェイントを込めるのは、なんだかとても気持ちがいいプレーでもあったりするのは私だけだろうか。速いテンポの中でのフェイントこそ、プレーが輝くというものだwにほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ