最近は書いている本人が感覚で突っ走ってよくわかってなかったり。



「予感」

相手が何を打ってくるか、相手が何をしようとしているか、それをプレー中には常にアンテナ張って監視していなければいけません。

「あれ?」と思う事、ありませんか?

その予感、直感に素直に体が反応しますか?


なんとなくではなく、ある瞬間、なんらかの違和感を感じられた時、そしてそれに対して素直に体が動いた時、もしくはそれに対して素直に体が止まった時、これが予感を生かす事ができている瞬間です。

この感覚はゲーム中は常に持っていて欲しい感覚です。簡単に分けるとするなら、体が止まる選手はシングルス的、体が動く選手はダブルス的な動きと言えるかもしれません。予感に対して潰しに行くダブルスプレイヤー、逆に、予感に対して守備的に考えようとするシングルスプレイヤー。一長一短ですが、なんとなくではなく予感に反応する事が重要なんです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

動く、止まる、基本的にはどっちかではありますが、予感に対してそれらができているか、そこをもう少し突っ込んで考えてみるといいでしょう。感覚の連動がプレーの幅を広げてくれます。